スキンケア

産後の肌不調。どうにかしたい!

産後は体の変化があるタイミングの一つで、髪質や腰痛など様々な悩みが出てくるわけですが、特に将来不安になってしまうのが肌。

疲れも顔に出てしまうし、やっぱり妊娠中から産後にかけて自分にかける時間も少なくなってスキンケアなど適当になってしまっていたから、少し老けたかな??なんて気がしています。妊娠する前は肌が今よりも潤っていて、しっかりフェイシャルエステにも通い友人などにもよく褒められていたのですが、、

今ではとくにクマ、たるみ、肌にハリがない!このままでは、将来が心配です。だからスキンケアはしっかり行おうと心に決めました。とりあえずは一番大事なクレンジングの商品とエイジングの美容液を変えようとネットで調べまくりました。

とある記事での優秀なクレンジングランキングで一位がメナードのつき華クレンジングだったのですぐに通販で購入。

エイジング美容液のランキングではカネボウのDEW beauteが評判良かったのでこちらも購入。

妊娠中から産後にかけてはクレンジングと洗顔と化粧水のみつけていたので、これからはしっかりしたケアを行ってエイジングにも気を使っていきたいですね。これで少しは変わる事を願います!!

スキンケア

2019年10月19日土曜日スキンケア日記

スキンケアを洗顔とオールインワンゲル時々ニベアにしてみて1年になりますが、はだの調子はいい方です。

しかしながら、ここのところの台風で断水したときに洗顔ができなくなるという事も考える必要が出てきたのです。

そうなってくるとクレンジングシートや拭き取り用のクレンジングも必要なのかなと思ってしまったりもします。

最近ではパックしながら洗顔もできるというものも出てきているからです。

水がないところではそういうのを使うというのもひとつの方法なのかなと思いますが、そういう事も考える必要があるのかなと思います。

しかし、化粧品を増やしたいわけでもなくなくてもスキンケアをできる方法があればいいと思うので余計に考えてしまうのです。

そうなってくると溜めた水で洗顔をしてスキンケアをするということになるのかなと思うのです。

そうした場合、ニベアを使ってメイクを落として溜めた水を使って洗顔をするということになりますので石鹸を使わずにやろうかなと思います。

そしてオールインワンゲルで肌を整えるという感じにして、水が出ないときはメイクをしないという勇気も必要だと思ったのです。

もちろん、普段のメイクも肌に負担のかからないものを選んでクレンジングができなくても良いようにしておく必要があります。

ほうれい線

少しずつ、だが確実に存在感を増していく…その名はほうれい線

そう思いたいのだが30代も後半を過ぎてくるとさすがに気になってくる。

シワというほどくっきり刻まれているわけではないけれど、確実にそこにある。ゆるやかな影。

数年前は、少なくとも去年はまだそこまで意識していなかったと思う。

何でかなぁ。食事?生活習慣?ホルモン?ストレス?

ほうれい線があるとないとでは明らかに老け具合が違う。

一生懸命頬を目尻の方角に持ち上げる。

5歳くらい違って見えるんじゃないか?

30を過ぎたらもはや何歳になろうが同じだと思っていた。

誕生日が来ても今年何歳か思い出せなくなったりしていた(1歳余計に年を取っていたり)。

そんなわけない。老化は歳を取るにつれ少しずつ、確実に進んでいたのだ。

溝っぽいところに丹念に乳液を塗り込み、雑誌で見たうろ覚えマッサージ。

頬がたるまないよう表情筋トレーニングをネットで必死に調べてやってみる。

これでいいんだろうか?ちゃんと効いてるのかな?全くわからない。

こんな素人技ですぐに効果が出るわけがないから地道に続けなければいけないんだろう。

ほうれい線の進行度と私の地道な努力、どちらが勝利するのか。

自然に人間は抗えるのか。

いつか老化を受け入れほうれい線の存在を認められるその日まで。

長い戦いは幕を開けたばかりだ……。